「独身証明書」 について

「独身証明書」について

・「独身証明書」は、現時点で既婚者ではないことを公的に証明する書類です。 本籍地の役所でのみ取得可能です(郵送での取得が可能)。 連盟所属店はすべて正式な結婚相談所として、本気で結婚したい意志のある方のみが入会できますので、恋人が欲しいだけの方や、まして遊びのつもりでの入会を避ける為にも、入会時の「独身証明書」の提出は連盟所属店では全国的に必須となっております。

⇒ これにより、全会員様が安心して活動できると共に、面倒な手続きをもいとわない本気の方のみに絞られるため、正規の結婚相談所では取得必須なのです。

現時点の独身を証明するものですから、当然、入会手続時の取得が望ましいですが、遅くとも取得後(証明日付後)最大3か月以内のものを提出して下さい。

( ※注意※ 国際結婚に必要な「婚姻要件具備証明書」とは別のものです )

【 独身証明書 】

正式には、「独身証明書(結婚情報サービス・結婚相談業者提出用証明書)」

民法732条の「重婚の禁止」の規定に抵触しないことを証明する書類。(平成11年から始まった制度で、個人情報保護の観点から戸籍謄本に代わる、結婚相談業者への提出用書類としてできたもの)

「本籍地がある自治体の窓口」に行って請求。 自治体によって証明書の書式は若干異なります。 本籍地から離れていて役所に行けない場合、 家族に内緒で人に取得を頼めない場合、 窓口の人に知られるのがイヤだという場合、 そんな人の為に、郵送での請求が可能です。

 ────────────────────

郵送での請求の仕方

(必ず先に、本籍地の役所のホームページ又は、戸籍を管轄する部署に電話をして取得方法を確認して下さい。 何故かホームページには記載のない市町村が多いようです。)

下記を同封して本籍地の役所へ郵送します

• 申請書(申込書・独身証明申請書など)

• 申請費用

 (150~400円位、300円程度の自治体が多いらしい)

 (定額小為替を郵便局で購入、何も記入せず同封)

 (郵便局での定額小為替発行手数料は1枚100円程度)

 (定額小為替には有効期限があります ⇒ 6か月)

• 切手を貼った返信用封筒(現住所・氏名を記入)を同封

• 本人確認書類(免許証等のコピー)

郵送の場合、到着までの目安は約1週間です。

 【 参考:さいたま市が本籍の場合の送付先 】

 (さいたま市郵送請求処理センター)

 (〒338-8630 さいたま市中央区下落合5-7-10)

 (電話番号 048-840-6078)

郵送ではなく、直接役所に行ける場合は、基本的には本人確認書類だけを 持って行けばその場で取得できるはずですので、郵送でなくても構わない方の場合は、お勧めします。(委任状があれば代理人が申請・受領することも可能)

何が書いてあるの?

氏名・生年月日・本籍地、の記載と共に「当市区町村保管の公募によれば、上記の者が婚姻するにあたり、民法第732条(重婚の禁止)の規定に抵触しないことを証明する。」というような文章とその証明日付が記載されています(「当市区町村」の部分は「当庁」「当区」など役所により変わります)。

 ────────────────────