「釣書」で自己紹介

   【 コンテンツ 】
「釣書」って知ってる?
「釣書」の昔と今
 納得!「釣書」の語源
 釣書はどう書く?
 家族書と親族書について

~~~~~~~~~~~~~~~~

「釣書」って知ってる?

 「釣書」という言葉をご存じですか?
「釣書」は「つりがき」又は「つりしょ」と読みます。
 縁談(お見合い)の時にお互いで取り交わすプロフィール、つまり自己紹介用の書面のことで、就職や転職時に書く「履歴書」縁談専用版だと考えていただければ分かりやすいと思います。
 世話人や仲人を通じて、お相手に自分という人間の情報を伝える為の書類であり、お見合いをするかどうかを決める為の資料となります。

 「釣書」という言葉は、元々は主に関西圏で使われ、関東圏では「身上書(しんじょうしょ)」と呼ばれることが多いのですが、同じ意味として使うことが多いです。 ただ、最近では関東圏でも「釣書」という言葉が浸透し、使われることが多くなってきました。
 習慣として、関東よりも関西の方が「釣書」の交換は多いようです。

 「釣書」と「身上書」は完全に同じ意味である、と説明されることも多いのですが、細かく言えば「身上書」という言葉は、例えばお受験などで提出する書類などとしても使われる為、「身上書」の中の縁談専用のものが「釣書」である見方もできますし、逆に「身上書」に「親族書」(親族の紹介)を足したものを合わせて「釣書」と呼ぶ場合もあります。

 「釣書」は、恋愛結婚の場合では一般的にあまり使用されることはなく、お見合い結婚の場合に使用するものなのですが、最近では、かしこまった正式なお見合いも減少し、お見合いであっても「釣書」の交換をしない場合も増えていて、時代と共に「釣書」を用意する場面は少なくなってきているようです

 地域や家庭によっても「釣書」に対する考え方は異なり、近年では、個人主義・個人情報保護・差別問題・宗教、などの影響から、「釣書」交換に否定的な考えを持つ家も、少なからずあるようです。

 そして結婚相談所の場合は、そもそも、お互いがお見合い前に細かい登録プロフィールを確認していますので、現在では、お見合い時に別途「釣書」は必要ありませんし、以下にも記載しておりますように、個人情報等の問題があり、トラブルとなることも実際にありますので、なるべく使用しないようにしている場合が多く、当店でもお勧めしていません
 もちろん、婚約後に釣書の交換をするのであれば お互いのご家族が了承済みの場合は、問題ないと思います。

「釣書」の昔と今

 昔のお見合いは、親族やお世話になっている方からのご紹介がほとんどで、一旦、お見合いに臨んだならば、お断りすることはとても困難でした。 このため、両家に事前に渡される「釣書」(つまりお相手のプロフィール)をしっかり確認して、「この人とお見合いをするかしないのか」を判断することは、現在以上にとても重要なことでした。

 近年までは、縁談は家と家を結ぶものとして「家柄」をとても重視する傾向にあり、「釣書」は、この判断材料として重要度の高いものでしたが、現在の日本では、両家の家と家との縁談という考え方も少なくなってきて、「釣書」は、お相手の親兄弟そして祖父祖母程度までに対する、単なる自己紹介用の書面として利用されることもが多くなりました。
 ただし逆に言えば、現在では、それぞれの「家」によっての「釣書」交換の重み(考え方)が異なる為、必ず両家でのすり合わせが必要です。

【 個人情報保護にも考慮が必要です 】

 また、昨今は「個人情報」の保護と管理が厳しく問われる時代です。下に記載してあるように「釣書」の中身は、おおざっぱなものから、とても細かいものまで様々です。

 そして細かくなればなる程、重要な個人情報のかたまりとなりますし、また、「家族書 や 親族書(下の説明へ)も交換する場合には、さらに本人以外の重要な個人情報も含む書類になりますので、「形式と伝統を守る」というだけでは済まない問題でもありますから、必ず、この時代の流れによる「個人情報」に対する考え方の違いも十分に考慮した上で、両家の意向をすり合わせるようにして下さい。

 また、交換すると決めた場合には、強く希望する側から先に提出し、相手は項目を合わせて記載するようにすることが良いでしょう。

納得!「釣書」の語源

 「釣書」の意味を「良い結婚相手を釣り上げる為の書類だから」と誤って理解している人も多いのですが、魚を釣る方の「釣」ではなく、本来は「縁談に臨む二人の身分や両家の家柄などに、ちゃんと釣り合いがとれているのか」を仲人および両家が事前確認する為の書面であって、「釣り合い(均衡の意味)の ” 釣 ” 」なのです。

 他にも、「釣り合うかどうかの確認」ではなく、「縁談に臨む二人を、平等な立場にまで引き上げて釣り合いを取る為の書面である」という説や、「系図」(家系図)の見た目が名前を線でつないで文字を釣っているように見えることから、とする説などもあるようです。
 ちなみに、お見合いは鎌倉時代に始まったといわれていますが、当時はすべて身分の高い家同士の政略結婚だったので、昔の武家社会では縁談の際に必ずお互いが血縁関係を示した「系図」を交換していたのです。(お見合いが一般の人にまで広がったのは江戸時代)

<運命の赤い糸>で相手を釣り上げる意味かと思った! という方は、
→【運命の赤い糸の由来】も是非お読み下さい ←

釣書はどう書く?

 まず、釣書を用意する場合は、一方だけになることがないように、相談の上、必ず両家で用意するようにします。
 また、記載する情報量も基本的には両家が同じになるようにします。

 基本的には縁談のお相手に向けて対して、自分と二親等までの親族を紹介する内容の書面であり、基本的には本人が書きますが、親御様が書かれる場合も多いようです。
 実は、「釣書」には「必ずこう書かなければならない」という決まった書式はなく、記載する内容もどこまで細かく記載するかは自由です。

 正式には、用紙は白無地の「奉書紙」(和紙)に「毛筆」で「縦書き」で記入、白無地の封筒に入れ、仲人も中身を確認する為、「封は閉じないで」おきます。 また、封筒の表に「釣書」と記載し、釣書の最初の部分が上になるよう三つ折りにします。

 現実的には完全な正式にこだわる必要はなく、便箋にペン書きで記入が一般的です。
 用紙は、上質紙・和紙・市販の便箋など、サイズは、便箋サイズまたは、A4・B4・B5サイズで、白無地がベストですが、罫線入りを使用する場合は、必ず「縦書き」にします。 また筆記具は、筆・筆ペン・黒の万年筆・ボールペンを使用し(鉛筆は不可)、封筒は白い無地のものを使います。

 なお、本来は「釣書」をパソコンで作成することは避けた方が良いのですが、パソコンの筆書きフォントなどを使って作成する人も実際には増えてきているようです。
 但し、お相手の家柄によっては、認められない場合や不快な気持ちにさせてしまうこともある為、必ず事前にお相手とご両親に相談してからにして下さい。 また、この場合は、片方だけが手書きになるよりも、両家で合わせた方が良いでしょう。

 通常、一般的なお見合い用の「釣書」には写真も同封します。 写真は、お見合い用写真が1枚とスナップ写真が1・2枚程度が良いでしょう。

【 釣書の記入項目 】

前述したとおり、「釣書」の書式に決まりはないのですが、最低でも下記項目を記載します。

 ・氏名(ふりがな)、生年月日、住所、
  現在の勤務先、趣味特技

細かく記載する場合は、下記のような内容を入れます。

 ・氏名(ふりがな)、生年月日、現住所、
  本籍地、学歴、職歴、現在の勤務先、
  年収、資格、趣味特技、身長と体重、
  アピールポイント、宗教、病歴、
  譲れない条件、など

 宗教や病歴、さらには借金・親との同居・離婚歴などについても、「釣書」には記載しないまでも、必ず口頭ではお相手に伝えておくことが最低限のマナーです。

 生年月日は和暦で記載し、年齢は必要ありません。 住所や本籍は省略せずに都道府県からすべて記載します。 学歴は一般的には中学校卒業から書きますが、特に名門の場合は幼稚園や小学校を記載しても構いません。

 なお、釣書が複数枚必要な場合であっても、必ず枚数分すべて手書きで作成して下さい。コピーは使用不可だと思って下さい。

家族書と親族書について

 「家族書・親族書」は、その昔「親族一同が結婚を認めた」という証書代わりにもなっていたものだそうですが、本来は結納の場で交換します。 結納を行わない場合は、顔合わせの食事会で交換することが多いです。

 「家族書」(かぞくがき)は「本人から二親等までが書かれた書類」で、本人・両親・兄弟姉妹・祖父母までの親族について、氏名、生年月日、住所、勤務先や部署・役職名などを記載したものです。 家族書に記載する内容は、事前に相談の上、両家で統一させるようにして下さい。
 「親族書」は「本人から三親等までが書かれた書類」で、家族書に書かれる二親等に加え、叔父・叔母・甥・姪・義兄義姉までについて記載するものです。

***********

結婚相談所イトサーチKIKUCHI

結婚新生活支援事業費補助金(埼玉県内)

   【 コンテンツ 】
 えっ!結婚で60万円もらえる?
 新婚新生活支援補助金の対象
 どんな費用を負担してくれる?
 埼玉県内の対象市町村(令和2年度)
 結婚新生活支援補助金をもらいたい

~~~~~~~~~~~~~~~~

えっ!結婚で60万円もらえる?

 2020年9月20日、内閣府は少子化対策として実施されている「結婚新生活支援事業」について、来年度(2021年4月)から補助金を現在の30万円の上限金額から60万円への倍増と、条件緩和の方針を固めたことを発表し、当初は大々的にニュースになっていたものの、その後ほとんど話題になることもなくなりました(2020年11月現在)。

 新婚世帯の家賃・敷金・礼金、引越費用など新生活にかかる費用を一部補助する「結婚新生活支援補助金」なのですが、9月の発表当時 結婚すれば一律60万円もらえるのか?】とニュースに飛びついた人も多いはず。
 しかし実際には「ほとんどの人は対象外」だったということが広がった為に、世間では一気に興味が薄れたのかも知れません。

新婚新生活支援補助金の対象

 9月当時に調べた方も多いかとは思いますが、あらためて、そもそも対象はどういう人なのかを、再度、以下に記載しておきたいと思います。
 細かい条件はたくさんあるものの、大きくは、以下の通り。

 ・「結婚新生活支援事業」を実施している
    市区町村に住み、
 ・ 新たに婚姻届けを出した夫婦であること、

    に加え
 ・(2021年3月までは下記の方)
    入籍する日の年齢が34歳以下、

    世帯所得が約480万円未満
 ・(2021年4月以降は下記の方)
    入籍する日の年齢が39歳以下、

    世帯所得が約540万円未満

 となっています。

 では、「ほとんどの人は対象外」とはどういうことなのでしょうか?
 まだご存じない方の為に、以下にまとめておきます。

 対象となる為には、そもそも、結婚後の住居を「この補助金制度を実施している市町村」にしなければ話にならないのですが、何と言っても、この「実施している市町村」が極端に少ないのです。 これだけでもほとんどの人は対象外となってしまいます。

 この制度は、元々、極めて限定された地域在住者への支援策であり、人口減少に悩んでいるなど、必要に迫られた市町村だけが実施しているものであり、不公平感などから早くから多くの批判がありました。

内閣府によれば、現在、全国1747自治体の内の281市町村(数で全体の16%程度)しか事業を実施しておらず、しかも、主要都市部では大都会東京都は完全に不実施、さらに首都圏・主要都市部はほとんどが対象外となっています。
 補助額の半額は自治体が負担する必要があることが、実施自治体が増えない要因となっている為、内閣府は補助率を3分の2に引上げる方針のようです。

 この対象市町村の問題に加え、年齢条件と世帯所得の条件(令和2年現在の条件では、婚姻日時点で夫婦が二人とも34歳以下であること、かつ、世帯所得が約480万円以下ということ)があり、これによっても、さらに、対象となる人が大きく減ります。
( 他にも、細かい条件が更にいくつかあります )

 また、補助金は自動的に交付されませんので、必ず、対象者が自分で申請する必要があるのですが、この手続きも、役所への提出書類が十数種類になる場合もある(市町村による)とのことで、これにより「もういいや」という夫婦も出てきます。

どんな費用を負担してくれる?

【 補助対象となる費用は以下のとおり 】

・新居の住居費
 < 新居購入費、新居の家賃・敷金・礼金・共益費・仲介手数料 >
・新居への引越費用

 < 引越業者や運送業者に支払った引越費用 >

実はこれまでも、補助金の額は少しずつ増額されてきました 。
参考までに、記載しておきます。(令和3年度は予定)

*****************
補助金の上限金額の推移
平成27年度(当初)・・・上限18万円
平成28年度から ・・・ 上限24万円
平成30年度から ・・・ 上限30万円
令和3年度から ・・・ 上限60万円
*****************

埼玉県内の対象市町村(令和2年度)

 埼玉県内での現在(令和2年度)の実施市町村は、下記の5市町村のみです。

 【 鴻巣市・小川町・横瀬町・長瀞町・美里町 】

(毎年同じ市町村とは限りません。令和3年度は変わる可能性があります)

 ★ 興味のある方は、各市町村のホームページで詳細ををご確認下さい。

結婚新生活支援補助金をもらいたい

 これまで述べたように、ほとんどの人が対象外となる「結婚新生活支援事業費補助金」ですが、何とかしてこの補助金をもらいたい、という方は、

 まずは、夫婦の年齢(婚姻日時点)が二人とも対象であるかを確認。

 次に、上記の【 対象市町村に新居を構える 】こと。
 埼玉県であれば、中でも鴻巣市は「人口10万人以上」の市町村であり、住みやすさ等では狙い目ではあります。

 その次は、世帯所得が対象であるかの確認ですが、ここでいう所得は、いわゆる年収とは異なり、ここから様々な「控除額」を差し引いた後の税務上の「所得」になりますので、一般的にいう「年収」よりはだいぶ低くなりますので、勘違いで諦めないで下さい。
 「お二人の所得」(世帯所得)がいくらになるのかを確認して下さい。
 (会社員は源泉徴収票で確認、自営業者等は確定申告書で確認)

 更に「所得」の条件については、結婚を機に寿退社する場合、年度内の収入があっても、離職の証明ができれば、収入はゼロとみなされますので、夫婦のどちらかが寿退社する場合は、対象となる可能性が上がります

 また、婚姻届の提出日と対象費用の支払日が、該当市町村でのそれぞれの対象期間内となることの確認にも注意が必要です。 市町村によって期間の条件が異なっている場合があるからです。

 なお、再婚であっても対象になりますし、引越後に入籍しても対象年度内に支払いがあれば対象となります。

 いずれにしても、30万円(令和2年度)の為だけに、対象市町村に無理やり住む選択をする夫婦も少ないと思いますので、たまたま実施市町村に住もうと考えていたという方、または、実施市町村も条件に合って結構いいな、とお考えの方は、各実施市町村のホームページで詳細をご確認の上、ぜひ、申請を検討してみて下さい

結婚を決めたらやることがいっぱい!
以下の記事も参考にどうぞ!
結婚を決めたらやるべきこと一覧

***********

結婚相談所イトサーチKIKUCHI

日本の特殊な『ハンコ文化』

 現在は、様々な生活の場面や仕事の場面等で、正式な書面手続きにはほぼ必要となる印鑑(判子・ハンコ)。

 結婚に関係する場面でも、当然、結婚相談所の入会にも押印、結婚式場やハネムーンの契約にも押印、「婚姻届」にも押印、引越しするにも押印、購入した家財を受け取る時も押印、さらには逆にお別れとなった場合の「離婚届」にも押印と、正式なものには何にでも印鑑を押すのが当然になっています。

 しかし、一旦海外に目を向けるとどうでしょう?
 世界では契約その他はすべて『サイン(署名)』というのが一般的で、様々な場面で印鑑がないと生活が出来ないような国は日本だけなのです。
 海外旅行に行ったことのある人や海外の企業と関係のあるお仕事の方ならば誰でも、日本は印鑑に関して特殊な国だということはご存じのはずです。

 菅内閣は、『デジタル化』の重要課題として『脱はんこ』を進めています(2020年11月現在)が、これまでも日本で『脱はんこ』が進まなかったのには、『日本の特殊なハンコ文化』の壁があるからです。

 ここではは少し【 日本の特殊なハンコ文化 】についてお話してみたいと思います。


 そもそも日本のハンコ文化は、いつ頃からあるのでしょうか?
 簡単に印鑑発祥の歴史から述べていきます。

印鑑発祥の歴史

 印章発祥の歴史はとても古く、世界の文明発祥と共に生まれ、世界各地で独自に発展しました。
 一番古くは紀元前5千年頃からあったようで、絵画的図案を用いて版画のような印章を使用していた古代メソポタミア文明や古代ペルシア文明などに対し、かなり遅れて、インダス文明からシルクロードを経由して古代中国を始めとした漢字文化圏に伝わったのは、紀元前4~5世紀だと言われています。
 古代エジプト文明や古代中国では印影に【文字】が用いられたのですが、日本とは異なり、中国では印鑑文化が根付くことはなく、「隋」「唐」の時代からは署名の文化が広がり、以後、中国での印鑑は「芸術」として発展してきました。
 日本で印鑑文化が根付き、独特の発展を遂げた理由には、日本は単一民族国家であったことや、日本人の苗字は種類がとても多くて重複が少なく、また画数が多く偽造されにくい文字であったうことなどが影響していると思われます。

印鑑がなければ生活出来ない国は日本だけ

 日本には「弥生時代」に当時の中国の「漢王朝」から「漢委奴国王の金印」を授けられた時に印鑑が伝わりました。 このように古くは中国から伝来したハンコ文化でしたが、日本では独自の発展を遂げ、江戸時代には、実印を登録させるための印鑑帳が作られるなど、既に「日本の特殊なハンコ文化」が社会に根付いていたようです。

 西洋では古くからサインが用いられ、日本への伝来元の中国も一般にサインまたは電子認証が用いられ、世界中で「印鑑がなければ生活出来ない国は日本だけ」ということになりました。
 印鑑登録制度についても2000年頃までは中国・韓国・台湾に辛うじて残っていたようですが、現在では登録制度は日本のみだということです。 1914年に日本から印鑑登録制度を導入した韓国も、ハングル文字は画数が少ないことから偽造が絶えず、2009〜14年の間に制度を廃止し、現在は電子認証を取り入れています。

 そして日常生活上で使用しているのは、もはや世界で<日本>と、かつての日本統治時代の影響が残る<台湾>のみというのが現状だそうです。
 ちなみに台湾では、基本的に夫婦別姓、かつ日本人ほど苗字の種類も多くないという事情により、日本の印鑑とは異なり、四角い印の中にフルネームを彫るのが一般的です。

 「ハンコ文化」が独自の発展を遂げた現代日本では、< 実印・認印・銀行印・訂正印・角印・請求印など >、印鑑の種類も目的に応じて多数あり、使い分けをしていて、法的な強制力や実務上の強制力を持ち、「印鑑がなければ生活が出来ない」特殊な国となっています。

日本の『脱ハンコ』

 そんな日本も、世界の流れに追いつくべく、企業レベルではこれまでも少しずつ「脱ハンコ」を進めていました。
 最近は、例えば生命保険の契約などでは電子サイン1つで取引が成立するようになっています。 これからも企業レベルではどんどん「脱ハンコ」は進んでいくことでしょう。

 今年(2020年)菅内閣が重要課題としている行政手続きの「脱ハンコ」は、様々な行政手続きのデジタル化を推進し、世界に追いつく為には必要なものでしょう。

 そして、行政手続の脱ハンコとデジタル化は、当然ながらこれからの婚姻届や離婚届にも変化をもたらします。 ただ、その先にある「オンライン離婚」については賛否両論あり、また開始するにあたっては様々な問題をクリアしていく必要があります。

→ →【オンライン離婚については、こちら】← ←

 印鑑の需要は確実に減少していて、印鑑専門店も現在では既に40年前と比べ3分の1にまで減少している中、当然、印鑑業界からの強い反発は出ています。
 しかし、中には頭をひねり、落款印(書や絵画に作者の証として捺印する印)などの趣味用の印鑑や、デザインを工夫した印鑑(例:文字の一部に猫)などの新しいアイデアで売上を大幅に伸ばしている印鑑業者もあるようです。

 日本がその「特殊なハンコ文化」のしがらみを乗り越え、そして多くの工夫を重ね、その良さを残しながらも「脱ハンコ」と「デジタル化」により「各種手続きの簡素化」を確実に進めることは、時代の流れからみても、国際社会としての日本のより良い未来の為には必要不可欠なことです。

***********

結婚相談所イトサーチKIKUCHI

オンライン離婚! 始まる??

(記事内容は、2020年10月現在の情報です)

新型コロナの影響で2020年に急速に広まった様々なオンライン化。
オンライン飲み会、オンライン会議、オンライン授業など、の広がりと共に、結婚相談所業界に関係するものでも、【→ オンラインお見合い ←】【オンラインデート】【→ オンライン結婚式 ←】など、オンライン化が広がっていています。

このような中、「婚姻届」や「離婚届」といった行政手続きにおける【脱はんこ】が強力に検討されていて、離婚すらも、賛否両論がありますが【オンライン離婚】が始まるのではないか、と言われています。 この【脱はんこ】と【オンライン離婚】について少しお話したいと思います。

国が進める、行政手続きの
<効率化・デジタル化・脱はんこ>

 2020年9月に発足した菅内閣は、河野太郎規制改革担当相の主導で、行政手続きにおける9割以上の「脱はんこ」を目指して進めている中、10月9日には上川法務大臣が、婚姻届や離婚届の押印について廃止する方向で検討していることと手続きのオンライン化も進めていくという考えを明らかにしました。

 現在の戸籍法は昭和22年に施行されたものなのですが、婚姻届および離婚届について「署名し印をおさなければならない(戸籍法29条)」と定め、夫と妻、更に証人2人の署名と押印が必要とされています。

 しかし、そもそも、婚姻届と離婚届は実印である必要はなく、認印で構わないとされている為、押印を無くすことでのデメリットは、それほど大きくはないのではないかと思われます。

『日本の特殊なハンコ文化』について 
→ → 詳しくは こちら ← ←

婚姻届・離婚届のオンライン化

 実は、婚姻届や離婚届を含めた戸籍関係のオンラインでの届け出は、既に2004年4月から制度上は可能となっているのですが、主に押印欄が障壁となり、現時点で導入している市区町村はないそうです。
 つまり、「脱はんこ」で押印欄が無くなれば、「オンライン化」も進めやすくなるということです。

オンライン化による心配な点

 「婚姻届」「離婚届」が、【脱はんこ・オンライン化】された場合、心配される点は主に二点。

 一つ目は、なりすましなど不正行為が増えるのではないか、という点。
 これには逆に、脱はんことオンライン化が進んだ方がむしろ不正行為のリスクは減る、という意見が強くあります。
 オンライン化を進める為には、本人確認の手段として、押印に代わり電子証明書を提出することが検討されているとのことで、現在よりも本人確認は厳格化され、手続きが効率化できるだけでなく、不正な届け出についても排除できて、リスクは減るという。
 ただし、これはマイナンバーカードを利用する案であることから、その普及率が全国で20%に満たない(2020年9月実績)現時点では、すぐに開始することは不可能なようだ。

 そして二つ目は、衝動的な離婚安易な離婚が増えるのではないか、という不安。
「離婚届」は「婚姻届」以上に慎重にしなければならないものですし、本来、相当期間冷静に検討したうえで結論を出さなければならないものです。
 夫婦喧嘩を全くしない夫婦はほとんどないと思われますが、激しい夫婦喧嘩のその直後に、興奮状態でスマホから簡単に「離婚届」を発信・提出できるのでは、離婚率が急増するのは目に見えています。

 実際に、離婚大国と言われるデンマークの事例では、2012年度に46%だった離婚率が、2013年7月にオンライン離婚が可能となると、2014年度には54%に膨れ上がったそうです。
そこでデンマークの場合は、対策として、2019年4月に以下の新たな義務を新設。
 18才以下の子がいる場合には、(1)離婚成立まで3ヵ月の冷却期間を置くこと、(2)17項目のオンライン講座を受講すること。 この結果、2019年度の離婚率は35%にまで下がったとのことです。
 つまり、日本も【オンライン離婚】を開始する場合は、「衝動的な離婚・安易な離婚」を増やさない為の何かしらの対策を考え、これと共にスタートする必要があります。

 また、デジタル化先進国と言われるエストニアですら、婚姻届や離婚届に関してはオンライン手続きから除外しているにも関わらず、日本の目指す方向性はズレている、と指摘する声もあります。

オンライン離婚 は、すぐには始まらない

 このように、まだまだ様々な問題を解決せずにはスタートできない「オンライン離婚」ですので、すぐに始まるものではありません(2020年10月現在)が、流れ的には、近い将来そうなる可能性が高いことは確かであると思われます。

 ともかく、「行政手続きの効率化」とはいえ、中でも人生に多大な影響を及ぼす「婚姻届」や「離婚届」のオンライン化については、特に慎重さが求められる為、効率性よりも、とにかく【確実性と安全性】を最大限重視して、十分に検討の上開始して欲しいものです

***********

結婚相談所イトサーチKIKUCHI

オンライン結婚式が盛況

オンライン結婚式とは?

【オンライン結婚式】は、他にも【オンラインウェディング】【リモートウェディング】【ネット結婚式】【WEB結婚式】【リモート婚】など、様々な呼び方があります。

【今年(2020年)、新型コロナウィルスが流行し出したことから、結婚式の延期を決めたカップルや、家族だけで行う家族婚にしたカップル、結婚写真を撮影するだけ(フォトウェディング)にしたカップルなど、それぞれが苦労と我慢と工夫を重ねていますが、そもそも式を挙げること自体を諦めるカップル(いわゆる「ナシ婚」)も出ていた中で、急激に伸びてきた新しい結婚式の在り方が【オンライン結婚式】です。

<オンライン結婚式ならではのメリットは?>

・遠方に住む方にも気軽に参加してもらえる(気軽に招待できる)
・ご高齢の親戚の招待にも、体調等を気に掛ける必要がない
・天候や季節に左右されず、雨天や気温も気にならない
・費用がかなり安く抑えられる
・準備期間が大幅に短縮できる
 (リアルでは約半年、オンラインなら最短2週間程度から)
・新型コロナなどの感染不安も全く関係ない
・海外や船の上の結婚式などにも簡単に対応できる
・各種打合わせもオンライン上で済んでしまう(業者による)

<オンライン結婚式のデメリットは?>

・機材トラブルが命取りとなる為、リハーサルが特に念入りになる
 (リアルの結婚式が約30分、オンラインの場合は約1時間半目安)
・参加者(招待客)側も、映像や音声のトラブルが起きる可能性あり
・ある程度の年代以上の方にはやはり違和感が強い
・本人たちも、目の前に人がいないことに虚しさを感じる場合あり
・どうしてもリアルな結婚式に比べて、盛り上がりに欠けてしまう

<どこが運営してる?>

 運営会社としても、結婚式場・写真館・プロヂュース会社・イベント会社・オンライン結婚式専門会社も現れるなど、様々な企業がそれぞれに、新しい結婚式の在り方のアイデアを生み出しています。

<どんなやりかた?>

 当然、そのやり方にも様々あり、YouTube などを利用して挙式や披露宴の様子を生配信し、招待客側は自宅などから結婚式の様子を視聴して、チャット機能を使ってお祝いコメントを伝えることも出来るというものや、ZOOM 等を利用して招待客との会話も楽しめるものなどがあり、その結婚式自体も、正規の結婚式上での挙式を送信する以外にも、自宅やその他の施設で結婚式を挙げて送信するものや、更には海外での挙式や披露宴に日本でビデオ参加していただくなどという、オンラインならではのものもあります。
 ZOOM 利用の場合は、1画面に25名まで表示される為、25名以下でリモート結婚式を実施すれば、全員が観客席の1列目にいる感覚になり、一体感も生まれます。
(設定を変更することで、1ページで最大49名の表示に変更ができるようです)
 また、リアルタイムなライブ配信ではなく、前撮りのムービーや写真を載せて結婚報告を行う方式もあります。

<披露宴の食事などは?>

 披露宴の料理についても、例えば事前に同じ料理やシャンパンなどを宅配しておいて、昨今よくあるオンライン飲み会のような形で画面上で飲食しながら参加するものなどがあります。


<費用は?>

 当然、やり方が違えば費用も様々なのですが、基本的にはこれまでの披露宴会場に集まるリアル形式の結婚式と披露宴に比べ、通常はかなりお安く出来るようです。
 金額のイメージとしては、配信のみで他に何もない、10万円未満で済むものから、多くの威人数がしっかり参加でき、料理も事前に宅配して用意するなど、ほぼリアル結婚式に近いものだと200万円以上(当然、人数や内容の豪華さなどによってはさらに高額も)なるものまで、まさにピンからキリまでなのですが、実態としては100万円弱程度のものにすることが多いようです。
 ちなみに、リアルの結婚式披露宴総額は平均で約355万円(ゼクシィ調べ)とのこと。

<お祝い金(ご祝儀)は?>

 振込・現金書留を利用する方法以外にも、ネット上の決済システムを利用するなどして、お祝い金も受け取れるサービスを提供している会社もあります。

・・・・・・・・・・・・

<これもオンライン結婚式?>

 さすがに「時代だな~」と驚いたのは、何とゲームの『あつまれどうぶつの森』(通称「あつ森」)を使って、バーチャルに結婚式や披露宴を行い、ゲーム上で仲間たちに参加してもらうという方法で式を挙げた例もあるということです。

 ご存じない方の為に、『あつまれどうぶつの森』とはどんなゲームかというと、ちょうど新型コロナが騒がれだした今年2020年の3月に任天堂から発売されたオンラインゲーム(どうぶつの森シリーズ第7作目)。
 ゲーム上の無人島内で、自分の代わりとして設定したキャラクターを操作しながら、様々なものを作ったり、オンライン上で同時に参加できる仲間たち(キャラクター)と遊んだりしながら、バーチャルな世界での生活を楽しむことが出来るゲームです。

・・・・・・・・
・・・・・・・・


 様々なオンライン結婚式の形が増えて、選択の余地が広がり、また、諦めかけていた人たちへの救済にもなっていることは歓迎すべきことです。
 しかし、「やはり直接参列する人と顔をあわせるリアルな結婚式が良い」と考える人が多いことでしょう。
 一日も早く、新型コロナ感染を気にせずに過ごせる時代に戻れることを願わずにはいられません。

 【オンライン結婚式】は、コロナ収束後も、少しずつ形を変え、工夫を加えながら、結婚式の新しい選択の一つとして、根付いていくことは間違いないでしょう。

***********

結婚相談所イトサーチKIKUCHI

オンラインお見合いについて

【当店は、オンラインお見合いに対応しています】
 (オンラインをご希望の方のみ)

埼玉の結婚相談所イトサーチKIKUCHI

 (オンライン相談もやってます!)

今年(2020年)は新型コロナのせいで様々な生活様式が急激に変わってきました
仕事も政府からリモート勤務が推奨され、可能な企業や可能な業務については、どんどん自宅でのリモートワークに切り替えが進められてきましたね。

そのような中、本来は、一生の運命を決める結婚のお相手探しであって、直接お会いしないなんて考えられなかった結婚相談所業界でも、直接の接触をなるべく避ける為にオンラインお見合い(リモート婚活・ビデオ婚活)を行うところが急激に増えてきました。
オンラインお見合いから、オンラインデート、初めて実際に会った日にいきなりプロポーズ、そしてご結婚されたという事例もあるそうです。

ZOOM を使ったオンラインお見合いに対応

【結婚相談所イトサーチKIKUCHI】では【ZOOM】を利用したオンラインお見合いに対応しておりますので、ご希望の場合には、ご自身のパソコンやスマホを利用してお見合いを進めることが可能です。(ただし、お相手側も同意していることが必要です)

 もちろんオンラインでなければいけないということではなく、あくまでオンラインをご希望の方にはオンラインが可能です、ということです。
 ただし当然のことながら、申込みをしたお相手がZOOMでのオンラインお見合いを了承していただける場合に限られます。

 オンラインの初期導入や操作が分からない方でも丁寧にご説明しながら進めますので、ご安心下さい。

(ZOOMのダウンロードは公式ページ上の「サインアップは無料です」より)

(スマホの場合は、Google Play 又は App Store からアプリを入手します)


 出会う可能性が少なかった遠方の都道府県に住む方とでも簡単に、【オンラインお見合い】だけでなく、【オンラインデート】も自宅で出来ることは最高の利点だろうと思います。
とはいえ、一生の運命を左右する結婚ですから、遠方でない限りは、最初のお見合いはオンラインであっても、その後は、実際にお会いした方が良いのは言うまでもありません。

 以下に、オンラインお見合いのメリットとデメリット、そして成功の為のポイントをお伝えしたいと思います。

【 オンラインお見合い 】
メリット・デメリット

◆ビデオ通話を使ったオンラインお見合いのメリットとは?

 ・効率的に婚活が進められる
 ・準備や移動の時間と移動費用がかからない
 ・人目を気にせず話に集中でき、緊張も少ない
 ・新型コロナの感染リスクなし
 ・事前に用意したメモを見ながら対応できる
 ・気になることがあればメモをして記録ができる
 ・遠方に住むお相手とも簡単にお見合いができる
 ・気まずくなく、お見合い終了を切り出しやすい
 ・背景変更機能で部屋を見せないことも可能
 ・(主に男性)お見合い時の飲食代負担がない
 ・知り合いに偶然見つかる不安もなく活動できる

◆逆にデメリットは?

 ・ビデオ通話の事前準備が必要、操作が苦手な方も
 ・ネット環境によっては音や映像の乱れや途中切断
 ・自身の見え方や部屋の見え方など準備が大変(特に女性)
 ・同居家族に会話を聞かれる可能性がある
 ・雰囲気・ファッション・身長差・匂いなどの相性が分からない
 ・光の当たり具合や加工機能で現実とイメージが変わる可能性あり
 ・店員等、他人に対する相手の対応の仕方を確認できない
 ・最終的には実際に会わないと本当の相性が確認できない

<オンラインお見合い成功の為に>

オンラインお見合いを成功させるには、会話が弾むことはもちろん
のこと、映像・音声への配慮が必要です。

おすすめしたい話題は、休日の過ごし方や趣味についての話。
相手が興味をもって話したい内容に、こちらも興味がありますという
意思を見せるように質問を加えてみて下さい。
後日リアルデートをした時にも親しさを深めるきっかけとなります。

映像については、カメラの位置や角度、安定していること、そして照明が重用な要素になってきます。 テレビで女優さんが顔に照明をあてるのを見たことはありますよね。

音声については、機器や接続環境はもちろん重要な要素なのですが、リアルで会っている時よりもハッキリお話をする、などということも必要になってきます。

今年(2020年)は、コロナ感染防止の為に、世間では結婚式すらもオンライン(オンライン結婚式)という方が増えてきましたね。

【オンライン結婚式】についてご興味ある方は、別途【こちら】← のページで説明していますので、ぜひお読み下さい。

* * * * * * *

結婚相談所イトサーチKIKUCHI

日本結婚相手紹介サービス協議会(JMIC)とは?

 突然ですが、「日本結婚相手紹介サービス協議会」ってご存じですか?
業界人でもない限り、ほとんどの方は聞いたこともないと思います。
「そうか、そんなものもあるのか」と分かる程度に簡単な説明をしたいと思います。

 「日本結婚相手紹介サービス協議会」は、結婚相手紹介サービスの信頼性を高める為に、また一組でも多くの幸せな結婚の為にと、主要な大手結婚相談事業者や各連盟本部が賛同し、2015年に任意団体として発足した団体です。

 国内の婚姻件数が急速に減少してゆく中、2015年に政府が少子化対策を打ち出したことを受け、社会的責任に応えるべく、2015年に設立され、翌2016年には一般社団法人として設立された団体です。
1990年設立の「結婚情報サービス協議会」と、2005年設立の「結婚相手紹介サービス連合会」を母体としています。
英名 Japan Marriage Introduction Council(JMIC)から「ジェイミック」と呼ばれます。

所在地:
 東京都文京区本郷3丁目32番地6号ハイヴ本郷401

【主な活動や事業】

 結婚相手紹介サービス事業に関する調査研究
 結婚相手紹介サービス事業に関する倫理綱領
   及び自主規制基準の作成、遵守啓蒙及び推進
 結婚相手紹介サービス事業に関する苦情処理、
   関係機関との連絡、協調
 結婚相手紹介サービス事業に関する研究会
   ・セミナー等の開催
 結婚相手紹介サービス事業に関する
   情報の収集及び提供
 その他、本会の目的を達成する為の必要な事業

【 沿 革 】

 1990年11月・・・
 (旧)結婚情報サービス協議会を設立
 2005年 6月・・・
 (旧)結婚相手紹介サービス連合会を設立
 2008年 5月・・・
 (旧)結婚相手紹介サービス連合会、及び
  (旧)結婚情報サービス協議会を統合し、
  「結婚相手紹介サービス協会」(8社)を設立
 2015年 7月・・・
 「結婚相手紹介サービス協会」に11事業者が合流、
  「日本結婚相手紹介サービス協議会」に改組
 2016年 6月・・・
  一般社団法人日本結婚相手紹介サービス協議会
  を設立

【 加盟会社 】(19社・2020年現在)

 株式会社IBJ
 日本健康管理株式会社(茜会)
 一般社団法人 日本結婚相談協会(JBA)
 株式会社誠心(SEISHIN)
 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
     (ゼクシィ縁結びエージェント)
 株式会社全国仲人連合会
 株式会社ツヴァイ
 株式会社エヌリンク(全国結婚相談事業者連盟)
 株式会社日本仲人連盟(NNR)
 株式会社日本ブライダル連盟(BIU)
 株式会社結婚情報センター(ノッツェ)
 タメニー株式会社(パートナーエージェント)
 株式会社トータルマリアージュサポート
     (フィオーレ)
 株式会社シニアーライフ(マリックス)
 株式会社オーネット(O-net)
 株式会社ダイナミックス(良縁ネット)
 株式会社官公庁マリッジ
 エン婚活エージェント株式会社
 株式会社ペアーズブランシュール
     (ペアーズエンゲージ)

「結婚相談所イトサーチKIKUCHI」の所属する「全国結婚相談事業者連盟」はこの団体に所属しているのみならず、「全国結婚相談事業者連盟」を運営する株式会社エヌリンクの社長は、このJMICで副理事長をされています。
つまり当店も、それだけ信頼の置ける団体に所属している安心の相談所だという証にもなりますね。

結婚相談所イトサーチKIKUCHI

運命の赤い糸の由来

「運命の赤い糸」という言葉は、ほとんどの人が聞いたことはあると思います。
 でもなぜ?・・・、ってその由来が気にならないでしょうか?
 ここではその由来について詳しく説明していきたいと思います。


 当店(イトサーチKIKUCHI)の店名の元となった「運命の赤い糸」。
 トップページにも簡単に記載していますが、ここではもっと細かいことを知りたい方の為に、詳細を掘り下げて記載していきます。


 ***********************************

「運命の赤い糸」起源は中国の物語

「運命の赤い糸」の起源をたどると、今から千年以上も昔の中国での北宋時代(960年-1127年・唐の時代よりは後で元の時代よりは前・日本では平安時代・水滸伝という有名な小説に描かれている時代)に書かれた<太平広記>という書物の中での『定婚店』に記された話が元となっています。

<太平広記>は北宋時代に成立した類書(分類編集された伝統的小説集)であり、太宗の勅命を受けた李昉ら12名により、正統な歴史にとられない書として、西暦977年~978年にかけて編纂されたもの。
漢から北宋初期までの小説・伝説・奇談などを92項目に分けて収録してあり、全500巻。

その中の『定婚店』は、唐の時代の文語伝奇小説集『続玄怪録』(原本は現存しないが後の<太平広記>に収められた)に記された月下老人の話である。

内容は、下記の通り。

**************************************

[唐の時代、韋固(いご)という青年が、旅先の宋城の南の宿場町で月夜に寺の門の前で大きな袋を置いて書物「鴛鴦譜」を読んでいた不思議な 老人(月下老人)と出会う。

 この老人は冥界(死後の世界)から来た、現生での人々の婚姻を司る縁結びの神であり、冥界で婚姻が決まると男女の足首に、決して切れることのない見えない運命の赤い縄を結んで繋ぐのだという。

 青年は、これまで縁談がことごとく上手くいかなかった為、この老人に今度は上手くいくかどうかを尋ねると、あなたの足には既に赤い縄の繋がった相手があるので無理だということ、そして、その繋がっている相手は店の北側で野菜売りをしている、盲目の貧しい老婆が抱いている3歳の醜い幼女であることを告げた。

 納得のいかない青年は、召使に命令し、この醜い幼女を殺害させることとした。
 狙いは心臓を外れ、幼女は眉間に刀を一刺しされたものの、なんとか致命傷にはならずに生き延びた。

 14年の時が流れ、ある17歳の美少女を紹介され、ようやく結婚した彼は、その妻がひたすら隠し続けたその額に、傷があること、そしてそれがあの時に殺害しようとした幼女だったのだということを知ってしまい、その罪を心から詫び、妻を大切にすることを誓う。

 これを聞いた妻は、全ての罪を許し、二人は夫婦としてずっと幸せに暮らした。
 後に、宋城県令はこの話から宿場町を定婚店と改名した。]

**************************************

・・・という、少し怖いお話です。
(謝って済む話じゃないと思いますが・・・驚くほど心の広い女性です)

 現代では、これが少し形を変えながら主に東アジア全般に伝わっています。色が赤である理由は、中国で赤(紅)がめでたい色であることや血の色から血縁を連想させることなどに由来しているようです。

 また、現代日本では、「【手の小指と小指】を繋ぐ【赤い糸】」になっているのですが、当初の中国の逸話では上述の通り「【足と足】を繋ぐ【赤い縄】」でした。
( 足を繋ぐ縄だとロマンチックではないですよね )

 それでは何故、日本では「手の小指と小指を繋ぐ赤い糸」になったのでしょうか? これは約束するときに小指と小指を絡める指切りげんまんの風習などとも関わりがあるようです。

 そもそも昭和の子供がほぼ全員歌っていた「ユビキリげんまん ♪ ~~ 」も、本当はけっこう怖い話で、漢字では「指切り拳万嘘ついたら針千本飲ます」であり、「もし嘘でもつこうものなら、お前の指を切り取り、拳骨で一万回殴り、針を千本飲ましてやるからな!」という内容なんです。

 元々の「指切り」は江戸時代の遊興であった吉原で、お客に惚れた遊女が、絶対にあなたを裏切りません約束します、という意味で小指を切り落として渡したという話から、極限まで強く約束を守り抜きますという意味を持ち、その後これが現代のお互いの小指を絡めるという行為に繋がりました。

 このようなことから、中国での「足首を繋ぐ赤い縄」は、現代日本では、強い約束を意味する小指同士を結ぶもの、かつ、見えない「縄」も、見えない「細い糸」となり「小指と小指をつなぐ赤い糸」に変化したようです。

 ちなみに「月下老人(げっかろうじん)」は中国語としても「縁結びの神・仲人」の意味の言葉として現代も使われています(月下老人/ユエシャー ラオレン)。
 中国では「月下老人」は「月老尊神」あるいは略して「月老(ユエラオ)」とも呼ばれます。

 「月下老人」の像は中国国内にいくつかあるのですが、特に台湾の台北市西側「迪化街」の「台北霞海城隍廟」というお寺にある「月下老人」の像は、アジア最強の縁結び効果があるとして婚活者やカップルに大人気のスポットとなっています。

「赤い糸」について詳しくお分かりでしょうか?
私が、【糸-search】 します! ご依頼お待ちしております!

※「赤い糸」が分かってスッキリしたら、ついでに指輪のことも知りたくなりませんか?
 指輪関係の下記投稿記事もぜひご覧ください!

 → 指輪が持つパワー(つける指/誕生石)

 → 婚約指輪の【カラット/4C/サイズ】


 → 婚約指輪、ナシだと離婚?

     台北霞海城隍廟の「月下老人」

***************

結婚相談所イトサーチKIKUCHI